いわて☆NET topシネマメルマガ時刻表シンボルBooksbbsHappyBirthday !Kanappe's Room
いわて de Health Top休日当番医医療相談医事コラム



□□□
□□









□□
□□□




  歯科治療時の苦痛除去について  
相談日/2006年2月24日  相談者/佐藤(男性・30歳)  回答者/鈴木先生(歯科)


Q:
はじめまして。よろしくお願いします。
私は、口の中に手を入れられたり、器具を入れられると”オェッ”っとなってしまう、いわいる嘔吐反射がつよいタイプです。精神的な所が大きいと思うのですが、いつも苦痛です。まえにお世話になった歯科では笑気ガスをやってもらったのですが、あまり変わりませんでした。
こんな事があって自然と歯科から遠ざかってしまいました。このたび、右上下の親知らずが虫歯により痛くなってきたので抜歯をしたいのですが、一番奥と言うこともありなかなか歯科に行く気になれません。上の歯は正面から見て頬側に斜めに生えていて側面より虫歯になりました。下の歯は、水平に生えていて少し顔をのぞかせているようです。何か良い苦痛除去の方法はございませんでしょうか。
一番良いのは全身麻酔下で抜歯する事ですが、先生のお考えをお聞かせ下さい。ちなみにまだ、親知らずに関して歯科にはかかっておりません。よろしくお願いします。



A:
嘔吐反射についての質問が多いようです。悩んでいる方が多いことに驚いております。
回答は以前にお書きしたように「歯科治療恐怖症、嘔吐反射について」を参考にして頂ければと思います。
我々では対処できない場合も少なくありません。しかし、早期に歯科医と患者さんがお互い努力して改善策を探し出すことが必要と思われます。特に歯が悪くなるのは30歳以降です。不安を解消して健診等うけられる事を望んでおります。







| いわて e クリニック トップ |  歯科相談 トップ |



Copyright © 2004-2006 Shin Suzuki & BrainSystem Co.,Ltd.. All rights reserved.