いわて☆NET Top シネマ メルマガ 時刻表 シンボル 健康 HappyBirthday ! bbs
you are vister.
since Feb 10.2001
 like a profile
 my favorits  taeko onuki >> offical page bunraku >> 人形浄瑠璃文楽

● 管理人のその時々に感じことを日記風に・・・
◆ 不定期更新です(笑)


 Archives


Characters
管理人
管理人の妻
kanappe家の長女
kanappe家の長男
kanappe家のおじいちゃん→超たんぱら
kanappe家のおばあちゃん→やさしい




  3/31(Thu).2005

県立病院はいま・・・・
体調を崩した母を連れて県立病院にいってきました。すいているのにビックリです。すいているというよりは、以前の印象に比べればガラガラといった感じです。よく観察すれば、診療科が減っていたり、一週間のうち限られた曜日だけ診察するといった診療科が以前に比べれば多くなっています。巷では、花巻と北上の県立病院の統合の前段として医師や診療科の削減を進めているとのウワサで持ちきりです。事実、県立病院の先生が独立して開業しているケースを最近よく聞きます。また、臨床研修の義務付けに伴う大学医局の医師不足による派遣医師の引き上げも背景にあるようです。

 >> 岩手県立病院 → 「県立病院改革」について
 >>     〃     → 「花巻厚生病院及び北上病院の統合整備についての基本方針」について

  3/21(Mon).2005

鼻呼吸って知っていますか?
今朝の新聞からの話題第2段・・・。喘息持ちのkanappeにとっては、参考となる記事です。
皆さんは、普段呼吸する時に口で呼吸していますか?それとも鼻で呼吸していますか?
【口呼吸】冬場であれば冷たく湿度の低い空気がそのまま気管や肺に取り込まれてしまい、細菌やウイルスが増殖しやすくなる。→ 喘息の発作が起きやすくなったり、風邪をひきやすくなったりする。
【鼻呼吸】鼻から取り入れられた空気は、鼻腔にある粘膜や鼻毛を通過することで、細菌やウイルスなどが除去されてキレイになる。また、冬場の冷たく乾燥した空気も摂氏30度以上に温められ、湿度は90%程度と人間にとって最適な状態になる。→ 気管や肺に対する空気の悪影響を最小限に止める機能を果たす。
振り返って見ますと、冬場の乾燥した室内で口を開けて(口呼吸)寝ていれば、一発で喉をやられてしまい、だいたい風邪をひいてしまいますよね。
ところが、一度くせになってしまった口呼吸を直すのには
 1.常に口を閉じるよう意識し、腹式呼吸を心がける。
 2.食事をするときは、食べ物を口の中にいれたら口を閉じ、奥歯でもぐもぐ。
 3.睡眠時は、市販の矯正器具の助けを借りるのが得策。
  (大人用おしゃぶり!、鼻孔を広げる器具、矯正テープを唇に貼る!・・いろいろあるようです)
(以上、日本経済新聞より)

 >> 茨城県日立保健所 → 「お口ポカンとしていませんか?!」(word形式)

  3/21(Mon).2005

小児科救急に思う・・・・
きょうの早朝といっても午前2時半頃、kanappe家の長男haru君が「お腹が痛い!」と目を覚まして15分置きくらいに痛みを訴えます。熱はないのですが、悪いものを食べさせて心当たりはなくpapa&mamaは心配です。ウンチをしたいらしく踏ん張りますが、出ません!そうこうしているうちに眠くなって朝を迎え何事もなかったようにケロッとしています。あ〜っよかった・・・。でも、腹痛ってハウツー本やお調べサイトを見ても、一般的な腹痛ってサラッとしか記述がないんですよね、これが。う〜ん!?
そんなことがあった、今日の新聞を見ていましたら、岐阜市の小児科救急についての取り組みについての記事が載っておりました。岐阜市民病院の中に小児夜間急病センターを開設して、時間外の救急医療を実施しているそうです。夜間に悪化することが多い子供の病気に対して不安を抱く保護者にはとっては、評価されているシステムのようです。ただ、本来であれば、医療機関の診療時間内に受診できるはずの人や多くは軽症(結果論ですから、一概に論難はできないけれども)であることなど問題点は指摘されているようですが、核家族化が進む現在経験に裏打ちされたサゼスチョンが受ける機会の少ない両親が多いことを考慮すれば、kanappeは是非とも必要なシステムだと思います。

 >> 岐阜市民病院 → 小児夜間急病センター

  3/20(Sun).2005

雪を掻き分けてのお墓参り
暑さ寒さも彼岸までの言葉どおり、天気に恵まれた春分の日。恒例の権現様が、町内を巡ってきます。haru君は、馴れないせいか緊張ぎみ。無事頭をガブリとやってもらった後、ちょっと肌寒かったですが、kanappe一家は、お墓参りに。雪の多かった年だというのが如実に感じられる状態で、先ずは雪掻きから。kanappeの記憶でも、こんなに時期、お墓に雪がどっさりというのはありません。雪掻きとお掃除をしていて何と杉の枝が落ちているだろうとよくよくお墓の廻りを見渡せば、杉林!花粉はまだ飛散する状態ではありませんでしたが、花粉症の人はちょっとキケン!


  3/7(Mon).2005

超チープな休日!?
晴天の土曜日、お休みだったkanappeと長男haru君は二人で近所をお散歩。コンビニには寄らずに(haru君のFavoriteなのですが・・・)、テクテクとお散歩。そうこうしていると、最近オープンしたピカピカのニッサンのショールームが目に入ってきた!きれいで広くて天井が高くて、太陽がサンサンと降り注いでいます。おまけにお子ちゃま用の遊び場まで・・・・。親子顔を見合わせて、どちらかともなく「入ってみる?」と無言の合図。車を買う気もない二人の親子ずれは、遊び場でしばし遊んでおりました。すると、ご親切なことにキレイなお姉さんが、カルピスとコーヒーを出してくれたのだぁ〜!しっかりとご馳走になって、いいかげん遊び疲れて親子は逃げるように失礼しました・・・・。受付のお姉さん、ゴメンナサイ!

 >> 岩手日産自動車株式会社/岩手日産グループ → 公式サイト

  2/8(Tue).2005

成人式に寄せて
先週の金曜日、NHKテレビ「にんげんドキュメント」という番組を見ました。時間があって、爆睡していなくて興味がある話題であれば比較的よく見る番組です。水沢市の成人式の話題を取り上げていました。二十歳を迎えた我が子に、手紙を書き成人式の会場で渡すというもので、水沢市役所の担当者の発案ではじまったそうです。また、数組の親御さんが成人式の最後に壇上で、我が子への思いを手紙に託し朗読もしておりました。番組の中では、何となく気まずくなっている父と娘、最近父を亡くした母と息子の二組を通して、時と場所は変わっても変わらぬ親と子のそれぞれの思いを描いておりました。子どもが小さい時によく、お手紙を書いてもらいますが読み返してみると子どものピュアな気持ちと受け取った時の親の素直な喜びが蘇りますよね。親は日頃小言ばかりいっていますが、成人式を契機に子どもへの気持ちをうまくはなくても素直に綴ってみるというのはいいことですよね。
最近、批判されることの多いNHKですが、結構いい番組をつくっているなぁと感じさせるひと時でした。

 >> NHK → 二十歳のあなたへ〜手紙で祝う成人式〜

  1/18(Tue).2005

番号での呼び出しは?!
kanappe家の長女kanaちゃんは、目の治療のために定期的に県立中央病院に通っております。先日、治療を待っていて大発見。患者さんを呼ぶ時、名前ではなく番号で呼んでいるんです(ちなみに番号は、診察券の番号の一部)。プライバシーの保護を目的にということなんだけれど、診察券を出しちゃうと自分の番号って忘れちゃうんだよね・・・。デジタル世代の若人にはいいんだろうけど、おじいちゃん・おばあちゃんにはつらいなぁ〜!
それにしても、11時に診察予約をしてて実際に診てもらったの午後2時!いつものことながらなんとかならないかなぁ〜!と医療問題を考えたり、お医者さん・看護婦さんたちはお昼ごはんも食べずに診察をおこなっている様子にお腹すくだろう〜なぁ〜っと人ごとながら心配したりするkanappeでした。

 >> 岩手日報 → 番号呼び出しに賛否 県立中央病院
 >> 岩手県立病院 → 岩手県立中央病院

  1/4(Tue).2005

冬休みの自由研究は何がいいんだろう?
kanappe家の長女kanaちゃんは、小学2年生。冬休み真っ最中です。ところが〜っ。自由研究の構想が全然なのです!(冬休みも自由研究ってあるのかなぁ〜。)そんでもって、「考えてもわかんな〜い」と半ばあきらめといいますか、親が手伝ってくれないから出来ないというようなニュアンスで物を申します。それはないんじゃな〜いと思うkanappeであります・・・・・。
そこで、一応親の端くれのkanappeは、ネットでいろいろ自由研究について調べました。結構内容充実のサイトがありますので、密かにネタを仕込んで、「こんなのがいいんじゃなぁ〜い」とさり気なくサジェスチョンするのだ!
お父さんは、すごい!となりますか・・・・。結果は、後日レポートします。

 >> So-net KidsParty → 100円ショップ大実験(100円グッズを使って実験!)
 >> 渡辺儀輝の理科教育実践集 → Let's Try 理科実験
 >> 日本ガイシ → サイエンスサイト(家庭でできる科学実験シリーズ)


 ▽ご意見・ご感想は
 >> こちら
 ▽Special Thanks
  Link Button(Angel's Room) ,Counter Images and More 【Web Stylish !

Copyright©2001-2012 BrainSystem Co.,Ltd. All Rights Reserved.
運営:いわて☆NET事務局 お問い合わせはこちら