いわて☆NET Top シネマ メルマガ 時刻表 シンボル 健康 HappyBirthday ! bbs
you are vister.
since Feb 10.2001
 like a profile
 my favorits  taeko onuki >> offical page bunraku >> 人形浄瑠璃文楽

● 管理人のその時々に感じことを日記風に・・・
◆ 不定期更新です(笑)


 Archives


 Characters
管理人
管理人の妻
kanappe家の長女
kanappe家の長男
kanappe家のおじいちゃん→超たんぱら
kanappe家のおばあちゃん→やさしい



  09/17(Tue).2013

エンジンは、超高いのだ!(たぶん)
三沢航空祭の屋内展示での一コマ。何とかという飛行機のエンジンらしいのだけれど、貼ってあった注意書きに、ちょっとギョ!整備するメカニックさんも大変なのだ・・・。


  09/17(Tue).2013

今年も雨、雨だぁ〜っ・・・(泣) Misawa Air Fes
前日のお昼ごろから三沢に入って、ブラブラ時間をつぶして星野リゾート 青森屋(昔の「古牧温背」で温泉に入っていつもの市営駐車場で車中泊。
台風の影響か、当日の明け方までもった空模様も、会場に行く頃からしとしとと雨が・・・。開幕から1時間くらいは何とかもったけれど、も〜だめっ。雨、雨・・・・。さすがの、kanappeもharu君も断念!ブルーインパルスも見ずにリタイヤ(実際にショーをやっかは不明)。さんざんだったのだ!

三沢市防衛協会 → 三沢基地航空祭
星野リゾート 青森屋 →  露天風呂「浮湯」
  08/26(Mon).2013

大変! ママを置き忘れた!
大曲の花火大会翌日の帰り道、秋田道で新聞を買おうとチョッとパーキングに停車。mamaとharu君は後部座席で寝ている(?)と思って、黙って売店へ。お目当ての新聞が無かったので、車に戻っていざ発信。運転中、携帯電話がやけに長く鳴り、鳴りやまない。誰だろうと思って携帯を取ると、mamaの電話番号が表示されている。「mama、何ふざけて後部座席から電話してるんだ〜ぁ」と思って、出るとmama。「今、どこにいるの!パーキング中探しても、車がいない!」ガ〜ん、後部座席を見るとharu君が寝ているだけで、mamaがいない!・・・・


ママ ゴメンナサイ!



「ごめんなさい」画像 >> フリー素材 ピクトグラム


  08/26(Mon).2013

追悼!津雲優さん 今年の「大曲の花火」は悲しい・・・
天候不順で、空模様が心配された「大曲の花火」に今年も家族で出かけてきました。途中5分程、こりゃダメだ・・・と思う位降られましたが、なんとか回復して一安心。いつものようにオープニング曲「夢の空」でスタート。やっぱりこの曲だよね〜っ。大曲に帰ってきたという感じです。そうこうしていると、アナウンスでオープニング曲とフィナーレ曲(「誘いの街」)を歌っている津雲優さんが亡くなったとのこと。帰ってから調べたらまだ60歳、kanappeのちょっと上ということです。まったく残念です。願わくは、天上からこれからの「大曲の花火」を見守り続けてほしいものです。ず〜っと、彼の曲が使われ続けますように・・・。もう20年くらい通い続けている花火フリークkanappeの切なる願いです。

→ 美の国秋田 大曲生活 「ありがとう津雲さん 安らかに」
→ 2013 大曲の花火 オープニング  津雲優 夢の空
→ 大曲の花火2013フィナーレ10号割物30連発特大スターマイン

  08/18(Sun).2013

初めていったよ!「おらが自慢のでっかい花火大会」
花火フリークのkanappeですが、県内といえどもなかなか遠方の花火大会には行けないんでいたんですが、初めて一関市川崎(旧川崎村)の花火大会に行ってきました。出発したのが5時半ごろで、初めていく土地なのと暗いので、泣きながらいきました。花火の音を頼りに辿り着きましたが、暗くて何がなんだか分からずの状態で、楽しむ余裕なんかまるでなくて、後から察するに花火会場の裏側だったようです。お目当ての2尺玉久しぶりに見て、早めに帰ってきました。花火大会の内容をコメントできる位のシチュエーションではなかったので、詳しくレポートするのは来年以降ということに・・・・。

→ 一関市 かわさき夏まつり花火大会「おらが自慢のでっかい花火大会」

  08/13(Tue).2013

凾館は遠い!
kanappe家の今年の家族旅行は、kanaちゃんはクラブがあるということで、kanappe、mom、haru君の3人で行くことに。haru君が小学校最後で、中学校になると一緒の旅行も難しくなるということで今年は思い切って北海道へ行くことに。予算と休みの関係で、函館に行くことにしました。青森まで、車で行って青函トンネルは特急でという計画です。
 出発して高速を走っていると途中からゲリラ豪雨で、物凄い雨。前もろくに見えません。やっとの思いで青森に着いたはいいけれど、豪雨のため電車がストップ。4時間位青森駅で足止めされて、やっと乗った「スーパー白鳥」は、案の定超満員。指定席は買ってあったけれどダイヤがぐちゃぐちゃなので、当然役立たずで、通路で立ちんぼ!こうなると、海底トンネルを楽しむどころではなく、「早く着いて!」という気持ちだけ。夕方6時すぎにやっと着きました函館駅。
 さて、今夜の宿泊地大沼へ行く電車は、探しているとガーン!すでに、最終電車が出発してしまっていました。バスかなんかないかなぁ〜っとウロウロして、観光案内の人に聞いたけれども〜ないです!とのこと。「タクシーしかないですね」と非情なお言葉。どうしようもなくて、泣く泣くタクシー乗り場へ。7〜8千円もかかるらしい・・・・(泣)タクシーに乗って「大沼プリンスホテルまでお願いします!」と言ったら、運転手さんの「やったぁ〜」という感じの「かしこまりました!」の二つ返事!飛ばす飛ばす、ノンストップでホテルへまっしぐら。運転手のご機嫌なことといったら・・・最高です。観光案内をしてもらっちゃました。大枚8千円も払って、ホテル着。ん〜っ高くついたなぁ〜っと、前途が思いやられました。
 部屋に入らず、まずお風呂と温泉にチャポンとはいって、お腹がへったとやっとありつたバイキングの夕食で一安心。飲み放題でたっぷり飲みました。部屋は、コテージなので車で送ってもらっておしゃべりをしているうち、kanappeは爆睡へ。
 翌朝は、自転車でコテージ周辺をまわってみました。さすが北海道ひんやりとしています。
電車を乗り継いで函館へ。路面電車が走る歴史ある街という感じ。路面電車は、今年100周年のこと、各種イベントがあるようです。約6分間隔で次々と来るので便利です。市民の足として定着しているようです。お約束の、五稜郭へいってタワーと五稜郭を見物。その後、坂の町・元町エリアをテクテク歩きまわって、ロープウェーで昼の函館山へ。頂上から函館市街を望むとほとんどの地域が、海抜数メートルとのこと。津波が来たらどーするんだろう!と心配になります。
 夕方には、ベイエリアのおしゃれな倉庫街で夕食をとって、いよいよメーンイベントの夜の函館山へ。昼とは違って、バスで登ることに。結構スリル満点。料金は安くて、アナウンスもしっかりしていておすすめです。登ると、涼しい―!人がいっぱいです。人をかきわけて、函館の夜景を満喫。ほろ酔いで、気分は最高です。
 路面電車と歩きで、今夜の宿泊地「湯の川温泉」へ。予算の関係で、リーズナブルな温泉旅館。各種団体でごった返しています。まぁ、贅沢も言えないので温泉にチャポンと浸かって、またもや爆睡。
 電車と車でやっと、自宅へ。お疲れさま〜っ。

 → JR北海道函館支社 » 青函トンネル
 → 函館大沼プリンスホテル
 → 函館市企業局交通部 » 路面電車開業100周年記念事業サイト
 → 五稜郭タワー
 → 特別史跡 五稜郭跡
 → 箱館奉行所
 → 函館ハリストス正教会
 → 金森赤レンガ倉庫 » 函館ビアホール
 → 函館市公式観光情報サイト「はこぶら」 » 函館の魅力「夜景」
 → "函館山ロープウェイ

 Travel View "大沼は遠かった編"

 Travel View "函館は想像以上に観光都市だった編"

  08/07(Tue).2013

超豪華 クルーズ船 「飛鳥U」!
ねぶたが始まるまで、青森市内を時間潰しでブラブラしていたら港でデッカイ船を発見!係留場所に近づけたのドンドン接近。話には聞いたことがあるけど、流石に大きい。「青森ねぶた」を乗客に見せるために青森港に立ち寄ったらしい。写真を撮ろうとしても、大きいのでなかなか収まらない!
中に入ってみたいと思ったけれど、それは無理なようでした。観光協会かなんかが主催する船内見学会があったようですが、事前に申し込んだ人でなければ無理のようでした。来年はチャレンジしてみようかな〜!

ところで、「飛鳥U」のHPを見てみると各種ツアーの情報が掲載されています。貧乏性のkanappeはつい計算してみたくなった・・・・。
 【2014年世界一周クルーズ】(3月12日〜7月2日)
  4,93,000円(一番安い料金・1人料金)×720名(Maxでこれぐらい乗れるらしい)=35億4960万円!
  最高料金のロイヤルスイートだと1人
27,850,000円!(軽く家が建ちます)

ところでところで、飛鳥Uの全貌を見ようと登った「アスパム」で食べたカレーが結構美味しかった・・・。

【でっかいぞ〜っ!】
郵船クルーズ(株) → ASUKA CRUSE
青森港湾事務所 → 『飛鳥U』 青森寄港!
船の写真館・VSPG → 「飛鳥U」(世の中には、その道が好きで詳しい人がいるものだ!)
青森県観光物産館「アスパム」  → 「Dining はなぁふ」

  08/07(Tue).2013

今年は、終盤の「ねぶた」を見物!
去年のように、午後早い時間に到着していつもの駐車場に車を止めて、いつもの場所に携帯椅子を置いて場所取りは万全。
去年は初日に見物したんだけれど、今年は日程的に無理をして祭りの終盤での見物ということにしました。それでもやっぱり、正装している「ハネト」の人ってそんなに多くなく、狂乱群舞という感じではないんです。そういったものなのでしょうか?ねぶたそのものは当然、迫力満点でお囃子もいい調子でOKなんだけれどね〜。

青森ねぶた祭実行委員会  → 青森ねぶた祭オフィシャルサイト


  03/25(Mon).2013

スカイツリーは遠かった!
ANAの整備工場見学の翌日は、東京見物ということで午後に今話題の東京スカイツリーに行ってきました。並べば当日券で、登れるだろうという安易な考えでしたが大間違い。当日券を買える整理券を手に入れるのに4時間!かかるとのこと。とても待てないので、スカイツリーを首を痛くしながら見上げながら、その辺をブラブラ。すっごい人、人。流石に東京です。ショッピング&グルメゾーンの「東京ソラマチ」も芋を洗う状態です。へとへとに疲れて、帰りの新幹線に乗りました・・・・。教訓「東京スカイツリーは、予約してから行こう!」

 → 東京スカイツリー
ちなみにこんなDVDでもあるよ! → 劇場版 東京スカイツリー 世界一のひみつ

 Travel View "東京スカイツリー"

  03/25(Mon).2013

ANAの機体整備工場見学に行ったよ!
前々から行ってみたかった整備工場。結構人気なので、数ヶ月前に予約してやっと取れました。最寄り駅から結構歩かなくちゃならなくて、春とはいえ暑いくらい。テクテク歩くこと15分位、やっと着きましたANAの機体整備工場。受付の後、会議室のような所でブリーフィング。見学の概要や注意点の説明がありました。どういう訳か会場内の撮影は、公開禁止ということでその部分は省略です。ヘルメット着用後、係りのお姉さんの案内で工場見学へ。広い、大きい、天井高い!です。歩き疲れるくらい。晴天に恵まれ、何とも気持ちがいい。羽田空港隣接なので、各社の飛行機がバンバン離着陸して大興奮。やっぱり男子は、乗り物好きなのだ!


ANA → 機体工場見学のご案内

 ▽ご意見・ご感想は
 >> こちら
 ▽Special Thanks
  Link Button(Angel's Room) ,Counter Images and More 【Web Stylish !

Copyright©2001-2013 BrainSystem Co.,Ltd. All Rights Reserved.
運営:いわて☆NET事務局 お問い合わせはこちら