Top,Bird,Fish,Flower,Tree いわて☆NET Top シネマメルマガ 時刻表 bbs 健康 HappyBirthday ! Kanappe's Room



きじ【雉・雉子、学名:Phasianus versicolor】
キジ目キジ科の鳥。日本の国鳥。また国内の多くの自治体で「市町村の鳥」に指定されている。オスは40センチ近い尾があるため全長80〜100センチあり、暗緑色を主とした多彩な色で美しい。発情期にはケンケーンと大きな声で鳴く。メスは黄褐色で、オスに比べ尾が短いため全長50〜60センチ。キジやコウライキジは、世界中で主要な狩猟鳥となっている。なお、国鳥が狩猟対象となっているのは、日本だけという。国鳥に選ばれた理由の一つに「狩猟対象として最適であり、肉が美味」というものが含まれる。

県鳥採用の経緯 >> 生息数は日本一で、林野庁が鳥獣保護のため、公募により昭和39年5月10日指定しました。(岩手県HPより)




1.説話

 【桃太郎】

 「桃太郎」が、お婆さんから黍団子(きびだんご)を貰って、イヌ、サル、キジを従えて、鬼ヶ島まで鬼を退治しに行く物語。

 【長柄の人柱】『物言じ父は長柄の 橋柱 鳴ずば雉子も 射られざらまし』

 その昔、摂津国長柄江付近は沼地や湿地などが多く、大雨が降れば川が氾濫すると言う交通の難所で、淀川に橋を架けることが、歴代の為政者の最大の課題であった。この長柄の人柱の話は嵯峨天皇の時代とも、推古天皇の時代とも言われ、はっきりしないが、架橋工事が完成寸前で風水害に見舞われ橋杭などが流されてしまった。この時に垂水(現吹田市垂水町)の長者・巌氏が「架橋を成功させるには人柱が必要。袴につぎの当たった者を人柱に」と役人に進言した。ところが自分の袴につぎがあり、巌氏は心ならずも自らの失言により、人柱になったと言う。
 後日談として、河内禁野の徳永氏に嫁いでいた巌氏の娘・照日は父の死を悲しみ、物言わぬ人となってしまった。ついに離婚されることとなり、夫が実家まで送ってきたが、その途中一羽の雉の鳴く声が聞こえ、すかさず夫は弓矢をとり、雉を射止めた。そのとき照日の口より出た言葉が、冒頭の『物言じ 父は長柄の‥‥』だった。夫は妻の心の内を知り、雉を手厚く葬り、妻を伴って河内に引き返したといわれる。

 長柄人柱「巌氏碑」 → 大願寺


2.俳句
 【松尾芭蕉】 父母のしきりに恋し雉子の声
 【與謝蕪村】 むくと起て雉追ふ犬や宝でら
 【小林一茶】 雉と臼寺の小昼は過にけり
 【正岡子規】 山道や人去て雉あらはるる

3.短歌
 【大伴家持】 あしひきの八つ峰の雉鳴き響む朝明の霞見れば悲しも
 【源 実朝】 高円の尾上のきぎすあさなあさな妻に恋ひつつ鳴く音かなしも
 【西行】 生ひかはる春の若草まちわびて原の枯野にきぎす鳴くなり
 【伊藤左千夫】 つつじ咲く岡の松原松芽立ちおくの沢辺にきぎすたかなく


雉も鳴かずば撃たれまい 
→ 余計なことを言ったばかりに、自ら災いを招くことのたとえ。

頭隠して尻隠さず
→ 悪事や欠点などの一部を隠して、全部を隠したつもりでいること。
   雉は、追われると草むらの中に頭を突っ込んで隠れたつもりでいるが、尾は丸見えになっていることから。
   一部だけを隠して、すべてを隠したつもりでいる愚かさを笑うことば。






Copyright©2003-2012 BrainSystem Co.,Ltd. All Rights Reserved.
運営:いわてNET事務局 お問い合わせは:こちら